岩手県神社庁

岩手県内御製碑について


 平成25年から26年にかけて、神社本庁により全国の御製碑の調査が行われました。
 県内の御製碑の記録をまとめて掲載いたします。



建立年
郡市
建立地名
御製
昭和47年10月10日 西磐井郡 中尊寺金色堂  みちのくの昔の力しのびつつ
  まばゆきまでの金色堂に佇つ
昭和47年10月10日 盛岡市 運動公園  ひとびとは秋のもなかにきそふなり
  北上川のながるるあがた
昭和50年春 八幡平市 県民の森  岩手なる阿がたの民の憩場の
  森となれかしけふ植ゑし苗
昭和60年秋 八幡平市 県民の森  旅の朝の窓より見れば岩手山
  真向かひに立つふもと紅葉に
平成10年3月 大槌町 町役場内  放たれしまつかはの稚魚は大槌の
  海の面近くしばしただよふ
平成13年10月 一関市 橿原神社境内  めにみへぬ神の心にかよふこそ
  人のこころのまことなりけり
    その他に御製碑の情報がございましたら、県神社庁までお知らせいただければ幸いです。


平泉町 中尊寺金色堂
御製
 平泉中尊寺にて
みちのくの昔の力しのびつつまばゆきまでの金色堂に佇つ
碑2  昭和四十五年十月本県で開催された第二十五回国民体育大会に 天皇皇后両陛下が行幸啓の砌 
 県内各地を御覧になりたまたま中尊寺にお立寄りになった この歌碑はその折 天皇陛下が金色堂に
 因んでよまれた御製を岩手国体記念として末永く伝えるため建立するものである
     昭和四十七年十月十日
岩手県知事 千田 正  


盛岡市 運動公園
御製
 岩手県の国民体育大会
ひとびとは秋のもなかにきそふなり北上川のながるるあがた

皇后陛下御歌
 岩手国体開会式
ひとびとのあふぐみそらにかずしれぬ鳩はとぶなり右にひだりに
碑2  昭和四十五年十月 天皇皇后両陛下御臨席のもとに本県において開催された第二十五回国民体育
 大会は百四十万県民の総力によって大成功をおさめた上栄光の天皇杯また本県選手団の頭上に耀
 いた
 この歌碑はその節 両陛下が詠まれた御製御歌を岩手国体の感激と共に将来ながく伝えるため建立
 するものである
      昭和四十七年十月十日
岩手県知事 千田 正   



八幡平市 県民の森
御製
 岩手なる阿がたの民の憩場の森となれかしけふ植ゑし苗
岩手県知事 千田 正 謹書
碑裏  昭和四十九年五月十九日 この地において「自然と産業が調和する豊かな緑の創造」をテーマとして 
 第二十五回全国植樹祭が開催されました
 新緑映える五月晴れのもとで
 天皇 皇后両陛下には 広く内外から参集した多数の人人とともに 親しく南部アカマツをお手植えにな
 り碑表の御製を賜りました
 私どもは この感激を深く心に銘記し 当日いただきましたお言葉に従い 県民一同ますます協力して植
 樹を推し進め 緑あふれる豊かな郷土をつくりあげたいと存じます
     昭和五十年 春
             岩手県知事 千田 正  

 




八幡平市 県民の森
皇太子殿下御歌
 旅の朝の窓より見れば岩手山真向かひに立つふもと紅葉に
岩手県知事 中村直 謹書
碑裏  昭和五十九年十月十五日 この地において「緑に力を、未来に夢を」をテーマに第八回全国育樹祭が開催
 されました。
 全山紅葉に映える秋晴れのもとで、皇太子殿下皇太子妃殿下には、広く、県内外から参集した多くの人々
 とともに、十年前、全国植樹祭において、天皇陛下・皇后陛下がお手植になられた「なんぶあかまつ」と「お
 おやまざくら」のお手入れをなさいました。
 この御歌は、皇太子殿下がその折のご旅行のご印象として昭和六十年の歌会始にあたり御詠進になった
 ものであります。
 ここに私たちは、第八回全国育樹祭の感激も新たに、育林思想の輪を一層広め、活力ある森林の造成と緑
 豊かな郷土の創造に努めて参りたいと存じます。
      昭和六十年 秋

         岩手県知事 中村 直  




大槌町 大槌町役場
御製
 放たれしまつかはの稚魚は大槌の海の面近くしばしただよふ
碑裏  碑文
 平成九年十月五日「魚もぼくも ウキウキワクワク 海づくり」をテーマに 第十七回全国豊かな海づくり大
 会が この地において開催されました
 そのおり 天皇皇后両陛下は マツカワ ヒラメ クロソイの稚魚をご放流になり 漁業後継者夫妻に エゾ
 アワビ キタムラサキウニの稚貝 稚ウニをお手渡しになられました
 御製は その時のご印象を 天皇陛下がお詠みになられたものです
 この碑は 天皇皇后両陛下の行幸啓を記念するとともに この大会を契機に 水産資源の維持培養と海の
 環境保全に努め 豊かで美しい海を次世代に引き継ぐことを誓って 建立するものです
    平成十年三月吉日
              第十七回全国豊かな海づくり大会
              岩手県実行委員会会長 岩手県知事 増田寛也
※東日本大震災の津波により一時行方不明になっていましたが、のちに大きな破損もない状態で発見され、復興のシンボルになっているとのことです。
 震災前の写真は次の通りです。



一関市 橿原神社
明治天皇御製
 めにみへぬ神の心にかよふこそ人のこころのまことなりけり
揮毫 橿原神社宮司 荻野圀範氏