岩手県神社庁


過去のお知らせ








第52回建国記念の日奉祝岩手県民大会が開催されます。
  
 岩手県建国記念日奉祝会主催の奉祝行事が下記の通り開催されます。入場無料。
 奮ってご参加ください。

〔 名 称 〕第52回建国記念の日奉祝岩手県民大会

〔 日 時 〕平成30年2月11日(日・祝)午前9時30分開場

〔 場 所 〕盛岡劇場(盛岡市松尾町)

〔記念式典〕午前10時〜
              
〔記念講演〕午前11時頃〜
       講師 日本安全保障戦略研究所上席研究員
            樋口譲次先生
       演題 悠久の日本、国の守りは大丈夫か
 




「日本の憲法を考える講演会」開催のお知らせ
  
 「日本の憲法を考える講演会」が下記の通り開催されます。
 参加費は無料です。どなたでも奮ってご参加下さい。

〔 日 時 〕平成29年7月5日(水) 午後6時30分〜午後8時(午後6時開場)

〔 場 所 〕プラザおでって3階 おでってホール(定員200名)

〔 講 師 〕日本政策研究センター
       代表 伊藤 哲夫先生
       演題 日本の憲法を考える






第51回建国記念の日奉祝岩手県民大会が開催されます。
  
 岩手県建国記念日奉祝会主催の奉祝行事が下記の通り開催されます。入場無料。
 奮ってご参加ください。

〔 名 称 〕第51回建国記念の日奉祝岩手県民大会

〔 日 時 〕平成29年2月11日(土・祝)午前9時30分開場

〔 場 所 〕盛岡劇場(盛岡市松尾町)

〔記念式典〕午前10時〜
              
〔記念講演〕午前11時頃〜
       講師 国際ジャーナリスト・麗澤大学特別教授
            古森義久先生
       演題 日本のあるべき姿とは
             −−国づくり、外交、歴史認識
 

 ※現在多数のお問い合わせをいただいておりますが、
  事前のお申込みなしで、どなたでも参加できますので、
  当日会場に直接お越し下さい。

 




第50回建国記念の日奉祝岩手県民大会が開催されます。
  
 岩手県建国記念日奉祝会主催の奉祝行事が下記の通り開催されます。入場無料。
 奮ってご参加ください。

〔 名 称 〕第50回建国記念の日奉祝岩手県民大会

〔 日 時 〕平成28年2月11日(木・祝)午前9時30分開場

〔 場 所 〕岩手県公会堂(盛岡市内丸)

〔記念式典〕午前10時〜
              
〔記念講演〕午前11時頃〜
       講師 フリーアナウンサー 長谷川 豊先生
  
   長谷川先生の公式ホームページはこちら
   長谷川先生の公式ブログはこちら
 






平成26年度 神宮新穀感謝祭参列旅行「お蔭参りと古都巡り」のご案内(終了しました)
 
 昨年、年間1,400万人もの参拝者が訪れた伊勢の神宮では、第62回神宮式年遷宮遷御の儀が斎行されました。
 20年に1度行われる式年遷宮によってご創建当時の姿をそのままに、常に若々しくあり続ける神宮。
 お蔭年といわれる今年、第60回を数える新穀感謝祭に参列してみませんか。

【実 施 日】平成26年11月19日(水)〜11月22日(土)

【募集人員】40名(最少催行人員 30名】

【申込締切】平成26年10月15日(水)

【 申 込 先】JTB東北 法人営業盛岡支店

【旅行代金】142,500円(神宮・神社への初穂料が含まれています)

【日程等】いわて花巻空港発着、初日は神宮会館に泊。翌日、新穀感謝祭に参列(御垣内参拝、御神楽奉納)、昼食の後、京都に移動し、石清水八幡宮を参拝、京都市内ホテルに泊。3日目は兵庫県豊岡市の出石神社に参拝、城崎温泉に泊。最終日は、竹田城、姫路城を見学し、伊丹空港から花巻へ帰着します。

詳しい日程はお問い合わせいただくか、チラシ(PDF)をご覧下さい。





第49回建国記念の日奉祝岩手県民大会が開催されます。
  
 岩手県建国記念日奉祝会主催の奉祝行事が下記の通り開催されます。入場無料。
 奮ってご参加ください。

〔 名 称 〕第49回建国記念の日奉祝岩手県民大会

〔 日 時 〕平成27年2月11日(水・祝)午前9時30分開場

〔 場 所 〕盛岡劇場 メインホール(盛岡市松尾町)

〔記念式典〕午前10時〜
              
〔記念講演〕午前11時頃〜
       講師 埼玉大学名誉教授 長谷川三千子先生
       演題 我が国の建國の理念
  

昨年風景
     






平成26年度 神宮新穀感謝祭参列旅行「お蔭参りと古都巡り」のご案内(終了しました)
 
 昨年、年間1,400万人もの参拝者が訪れた伊勢の神宮では、第62回神宮式年遷宮遷御の儀が斎行されました。
 20年に1度行われる式年遷宮によってご創建当時の姿をそのままに、常に若々しくあり続ける神宮。
 お蔭年といわれる今年、第60回を数える新穀感謝祭に参列してみませんか。

【実 施 日】平成26年11月19日(水)〜11月22日(土)

【募集人員】40名(最少催行人員 30名】

【申込締切】平成26年10月15日(水)

【 申 込 先】JTB東北 法人営業盛岡支店

【旅行代金】142,500円(神宮・神社への初穂料が含まれています)

【日程等】いわて花巻空港発着、初日は神宮会館に泊。翌日、新穀感謝祭に参列(御垣内参拝、御神楽奉納)、昼食の後、京都に移動し、石清水八幡宮を参拝、京都市内ホテルに泊。3日目は兵庫県豊岡市の出石神社に参拝、城崎温泉に泊。最終日は、竹田城、姫路城を見学し、伊丹空港から花巻へ帰着します。

詳しい日程はお問い合わせいただくか、チラシ(PDF)をご覧下さい。





第48回建国記念の日奉祝岩手県民大会が開催されました。
  
 岩手県建国記念日奉祝会主催の奉祝行事が下記の通り開催されました。約500名の参加でした。

〔 名 称 〕第48回建国記念の日奉祝岩手県民大会
〔 日 時 〕平成26年2月11日(火・祝)午前10時開場
〔 場 所 〕岩手県民会館(盛岡市内丸)中ホール
〔記念上映〕午前10時半〜
       『天皇陛下 傘寿をお迎えになって』       
〔記念式典〕午前11時10分〜
       来賓 
         衆議院議員 高橋比奈子様(自由民主党岩手県支部連合会長代理)
         衆議院議員 階  猛様
         衆議院議員 藤原 崇様
         岩手県議会議長 千葉 伝様
           他、多数の県議会議員様
     




第48回建国記念の日奉祝岩手県民大会が開催されます。
  
 岩手県建国記念日奉祝会主催の奉祝行事が下記の通り開催されます。入場無料。奮ってご参加ください。

〔 名 称 〕第48回建国記念の日奉祝岩手県民大会
〔 日 時 〕平成26年2月11日(火・祝)午前10時開場
〔 場 所 〕岩手県民会館(盛岡市内丸)中ホール
〔記念上映〕午前10時半から
       『天皇陛下 傘寿をお迎えになって』
       
〔記念式典〕午前11時頃から
       

  

昨年風景





「国宝 大神社展」福岡展 開催について(終了しました)


クリックで拡大(PDF)
  神社界では、第62回神宮式年遷宮を奉祝する記念事業として、その心を次世代へ確実に継承することを目的として、日本の文化、伝統、信仰、そして自然観や宗教観の基礎と言える神道についての理解をより深めて戴くため、神社本庁が特別協力して、平成26年1月15日(水)〜3月9日(日)に、九州国立博物館にて開催されます。

 この「国宝大神社展」は、平成25年4月に東京国立博物館にて開催され、空前絶後の神道美術展として大変な反響を呼びました。

 そしてこの度、展示会場を九州国立博物館へと移し、全国の様々な神社で大切に守り伝えられてきた御神像をはじめ、工芸技術を駆使した優美華麗な古神宝の数々、また神道の原形がかいま見られる出土品群、さらに歴史上の有力者や武将が神社へ奉納した宝物の数々等、全国の神社から集結した一社の宝、「社宝」が出展されます。国宝57件・重要文化財65件をはじめとする社宝の展示は、九州国立博物館過去最大規模の展示会です。また、東京展では展示されなかった社宝も展示され、一層意義深い展示会を感じていただけることでしょう。

 是非ともこの機会に、「国宝大神社展」福岡展へ足をお運び戴き、それぞれの荘厳さや美しさもさることながら、日本の伝統、信仰等の基礎である神道の奥深さを感じて戴ければ幸いです。


期  間
平成26年1月15日〜3月9日
会  場
九州国立博物館
休 館 日
毎週月曜日
開館時間
午前9時30分〜午後5時まで
入館は午後4時半まで
観 覧 料



(当日券)
一般 1,500円
高大生 1,000円
小中生 600円
お問い合わせ
同博物館 (ハローダイヤル050−5542−8600) まで
ウェブサイト
http://daijinja.jp/ (終了)







神宮大麻奉斎広告を掲載しました。

〇平成25年12月27日(金)岩手日報紙上に初詣・神棚の祀り方などに関する広告を掲載いたしました。( 右面 ・ 左面 (PDF) )

○平成25年12月8日(日)岩手日報、岩手日日新聞、東海新報、盛岡タイムス紙上に神宮大麻奉斎の広告を掲載いたしました。(こちら(PDF)






第47回建国記念の日奉祝岩手県民大会が開催されます。
  
 岩手県建国記念日奉祝会主催の奉祝行事が下記の通り開催されます。入場無料。奮ってご参加ください。

〔 名 称 〕第47回建国記念の日奉祝岩手県民大会
〔 日 時 〕平成25年2月11日(月・祝)午前10時開会
〔 場 所 〕岩手県民会館(盛岡市内丸)中ホール
〔記念式典〕午前10時から
       ・橿原神宮遥拝・国歌斉唱・大会決議文採択・紀元節の歌斉唱 等
〔記念講演〕午前11時から
       講師 季刊誌『皇室』編集長  伊 豆 野   誠 先生
       演題 「皇室の御存在−季刊誌『皇室』の編集を通して」

季刊誌『皇室』について(一般財団法人 日本文化興隆財団HP内) 






「国宝 大神社展」開催について(終了)



クリックで拡大(PDF)
  神社界では、第62回神宮式年遷宮を奉祝する記念事業として、その心を次世代へ確実に継承することを目的として、日本の文化、伝統、信仰、そして自然観や宗教観の基礎と言える神道についての理解をより深めて戴くため、東京・上野の東京国立博物館にて、空前絶後の神道美術展として開催される「国宝 大神社展」に特別協力いたします。


 この「国宝 大神社展」では、全国の様々な神社で大切に守り伝えられてきた四十体に及ぶ御神像をはじめ、工芸技術を駆使した優美華麗な古神宝の数々、また神道の原型がかいま見られる出土品群さらに歴史上の有力者や武将が神社へ奉納した宝物の数々等、全国の神社から集結した一社の宝、「社宝」が出展されます。博物展としては最大規模の百六十件にも及び国宝・重文が出展されますが、特筆すべきはその文化財的価値や美術的価値をも上回る、歴史的価値、信仰的価値の高さです。


 是非ともこの機会に、空前絶後の「国宝 大神社展」へ足をお運び戴き、それぞれの荘厳さや美しさもさることながら、日本の伝統、信仰等の基礎である神道の奥深さを感じて戴ければ幸いです。




期  間
平成25年4月9日〜6月2日
会  場
東京国立博物館 平成館
休 館 日
月曜日
(4月29日、5月6日は開館、5月7日は休館)
開館時間
午前9時30分〜午後5時まで
         〜午後8時まで(金)
         〜午後6時まで(土・日・祝・休日)
いずれも入館は閉館の30分前まで
観 覧 料



(当日券)
一般 1,500円
大学生 1,200円
高校生 900円
中学生以下無料
お問い合わせ
同博物館 (ハローダイヤル03−5777−8600) まで
ウェブサイト
http://daijinja.jp/






神宮大麻奉斎広告・初詣広告を掲載しました。

・平成24年12月9日(日)岩手日報、岩手日日新聞、東海新報、盛岡タイムス紙上に神宮大麻奉斎の広告を掲載いたしました。(こちら(PDF)からご覧になれます。)
・平成24年12月27日(木)岩手日報紙上に初詣・神棚の祀り方などに関する広告を掲載いたしました。( 右面 ・ 左面 (PDF) )




高千穂神楽が被災地にて公演されました。
 

「御神躰」の一コマ
 平成24年7月18日(月)に、釜石市の尾崎神社、大槌町の小鎚神社にて、高千穂神楽が奉納されました。
 尾崎神社では、午前10時からの復興祈願祭に続き、拝殿で神楽が奉納、小鎚神社では、午後2時過ぎから境内の特設舞台にて5演目が奉納されました。
 当日は、紫波町の志賀理和気神社で山車を奉納する橋本組による山車音頭、大槌町在住の音楽家・大久保正人氏による尺八などの演奏も行われました。
 最後に舞われた「御神躰」を見た被災者からの「震災後初めて笑った」という感想もありました。

尾崎神社 復興祈願祭
高千穂神楽 杉登

高千穂神楽 手力雄(小鎚神社境内)
高千穂神楽 住吉(小鎚神社境内)

・平成23年末掲載の神宮大麻奉斎・初詣の岩手日報初詣広告について
 それぞれ平成23年12月11日(日)、12月27日(火)に岩手日報に掲載されました。
 PDFでご覧になれます。
 12月11日版(一頁
 12月27日版(左頁右頁 





第46回建国記念の日奉祝岩手県民大会が開催されます。
 
 岩手県建国記念日奉祝会主催の第46回建国記念の日奉祝岩手県民大会が下記の通り開催されます。入場無料。奮ってご参加ください。

〔 名 称 〕第46回建国記念の日奉祝岩手県民大会
〔 日 時 〕平成24年2月11日(土・祝)午前9時45分開会(9時15分開場)
       ・記念式典 9時45分から
       ・映画上映 10時45分から
〔 場 所 〕ホテルメトロポリタン盛岡ニューウィング
       4階メトロポリタンホール(盛岡市盛岡駅前)
〔映画上映〕「流れる雲よ」 チラシ 
「今、日本はいい国ですか?」
この問いに誰もが「はい」と答える未来を願って、特攻兵たちは命をかけたのではないか。私たちには、そ
の願いを
果たす使命がある。
空に散った特攻隊員の意志を伝える作品


高千穂神楽東北公演について

 高千穂の夜神楽は天孫降臨神話で知られる宮崎県高千穂地方で、秋の実りへの感謝と恵み多き春の到来を予祝して夜を徹して奉納される神事芸能で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
 この度の東日本大震災で被災されたすべての人々に深甚なるお見舞いを申しあげ、地域と被災者の方々の安寧と、一日も速やかなる御復興を祈る国民の一人として高千穂神楽東北被災地での奉納公演を決意いたしました。
高千穂神社宮司 後藤俊彦様より


岩手県の奉納公演日程は以下の通り行われる予定となっております。
日にち 平成23年7月18日(月・祝)
場 所 ・尾崎神社 釜石市浜町3−23−27
       午前10時より
       復興祈願祭に、ご参列、奉納賜ります。
     ・小鎚神社 上閉伊郡大槌町上町2−16
       午後1時より
       特別出演 橋本組山車音頭
              大久保正人

どなたでも鑑賞できますが、駐車スペースに限りがありますので、ご了承願います。
お問い合わせは、高千穂神楽奉納実行委員会(岩手県神社庁内)まで。






第45回建国記念の日奉祝岩手県民大会が開催されました。
 
 岩手県建国記念日奉祝会主催の第45回建国記念の日奉祝岩手県民大会が開催されました。
 県内各地より約600名の参加がありました。


「教育勅語と建国の思想」と題して講演した

御嶽山御嶽神明社禰宜 佐藤一伯先生




第45回建国記念の日奉祝岩手県民大会が開催されます。
 
 岩手県建国記念日奉祝会主催の第45回建国記念の日奉祝岩手県民大会が下記の通り開催されます。入場無料。奮ってご参加ください。

〔 名 称 〕第45回建国記念の日奉祝岩手県民大会
〔 日 時 〕平成23年2月11日(金・祝)午前10時開会
〔 場 所 〕岩手県公会堂(盛岡市内丸)
〔記念講演〕講師 御嶽山御嶽神明社禰宜・國學院大學研究開発推進機構共同研究員
           佐 藤 一 伯 先 生
       演題 「教育勅語と建国の思想」


   







CMスポット放映中(終了しました)
 
 岩手めんこいテレビにて、神宮大麻奉斎のCMスポットを年末に放映しております。
 こちらからも見ることができます。