岩手県神社庁

玉串拝礼


神社で祈願するときやお祭りをおこなうときには、
神さまに玉串という榊(さかき)の枝を捧げます。

 玉串は、みずみずしい榊の枝に木綿(ゆう)、紙垂(しで)といわれる麻や紙を取り付けたものです。
 私たちの祖先は遠い昔から、榊に神々を招き、また神前に榊を供えてお祭りを行ってきました。
 私たちは、神前に進み、玉串を通して自らの誠の心を捧げるとともに、神さまのお蔭をいただきます。


 神職から手渡された玉串を右手で根本を上から持ち、左手で玉串の中程を下から支えてやや左側の先の方を高くして胸の高さに両肘をはって持ちます。


 そのまま玉串案(ご神前に置かれた玉串を捧げる机)の前まで進み、姿勢を正して一礼します。
 玉串を立て、左手を下げて右手にそろえ、玉串にお祈りをこめます。
 右手で玉串の中ほどを下から支え、根元を時計回りに一歩前に進んで案に起きます。
 その後、二拝二拍手一拝の作法でお祈りします。