まるこじんじゃ
圓子神社
御祭神 伊邪奈伎命(いざなぎのみこと)
例祭日 8月15日
宮司名 大村 邦雄(おおむらくにお)
鎮座地 〒028−6413
 九戸郡軽米町大字円子4−230
連絡先 TEL 0195−27−3111
FAX 0195−27−3111
由 緒 特記事項
 創立年代不詳と雖も藩制時代は天照皇大神宮、通称神明様と称し親しまれてきた。
 寛文4年(1664)八戸藩成立後は家老職を勤めた山崎勘太夫家が知行地宮として代々保護再建に係わってきたことがわかる。
 尚、口伝に依ると天文年代、第23代安信公の命により鹿角郷圓子村へ知行替となり神明の森北側の丘陵に館を築き圓子氏の始祖となる。
 現存する再建棟札に「大壇那安信公武運長久所」として山崎勘太夫が寛政3年(1791)に再建している。
 明治4年、村社となる。
 特殊神事として毎年3月15日御湯釜祭が行われている。御湯釜祭とは大きな釜にお湯を沸かし笹の葉を束ねたものでお湯をかき回し湯気の出方でその年の豊凶、作物の出来具合を占い五穀豊穣を祈願する神事である。