本文へ移動

産土神と氏神

産土神

産土とは、祖先もしくは自己の出身地または永住地を出自意識をもって表現する言葉であり、したがって、その土地の守護神を自己の出自にともなう運命をも司るものと信じて、産土神と称する。
つまり、自身の出生地や現在居住の地域の守護神を指す。

氏神

氏神とは、氏族の祖先として祀る神。祖神でなくとも氏に由緒のある神のことも指す。
近年、産土神と混同され、居住地の鎮守の神を呼ぶようになった。したがって、現在では、本来の氏に由来する神、鎮守神、産土神の3つの性格が混同したものを氏神と称するようになった。





※産土神社、氏神神社に関するお問い合わせは、ホームページ上お問合せ欄、または、お電話にてお問合せください。
TOPへ戻る